【朝ドラ】おひさま3話ネタバレやあらすじに見どころ紹介!必見フル動画視聴法も!

スポンサードリンク

長野県安曇野での生活が始まった、須藤家族は自然豊かな土地で楽しい日々を送るのでした。

そんな中で陽子は社会の厳しさを目の当たりに…。

【朝ドラ】おひさまは1話15分と手軽に見る事ができる上FODプレミアムから好きな時に好きなだけ見れます。

他にも朝ドラをみたいなと言う方はこちらの記事もおすすめです。

【朝ドラ】を好きな時に見たい方必見!フル動画視聴法!や無料動画

2019年8月15日

【朝ドラ】おひさま3話ネタバレやあらすじ

大好きなクラスメートのユキが将来は学校の先生になりたいと語りながらも、父から尋常小学校卒業後は、奉公をするようよにと言われておりました。

 

厳しい現実により、夢をあきらめざるを得ない状況に悲しくなり泣いてしまう陽子はユキに励まされながら自宅に帰るのでした。

 

翌朝運動会の朝でした。まだ、みんな寝静まっている時に目が覚めた陽子は運動会の為に支度をして食事の準備をしようと、台所に行きました。

 

すると、既にご飯の支度をしている母・紘子の姿がありました。

驚く娘をしり目に子どもたちの大好きなものをたくさん作った上に早起きをしてきたご褒美にと、大好きなのり巻きを試食させてくれました。

 

たくさんの具材とたくさんの愛情の詰まったのり巻きは文句の言いようがないくらいに美味しくて感激しました。

 

運動会には両親に兄・春樹も一緒に見に来てくれることになっておりました。

 

そして、はじまった運動会では、それぞれが懸命に種目に取り組みます。

徒競走では、茂樹が1番になりましたが、陽子は一番にはなれませんでした。

しかし、自分の事よりも大好きな友達の事を一生懸命に応援し、見事1番になると、自分の事よりも喜んで一緒にはしゃいでいました。

 

そんな優しい女の子に成長した様子を見て母・紘子は感動します。

 

彼女は涙ながらに…あとは、よろしくお願いします。

 

と、旦那・良一に頼むのでした。

残された命があとわずかであるというつらい現実に直面し受け入れようとしながらも、子どもたちの成長を最後まで見届けることができないという現実に直面し非常につらいんでしょうね。

スポンサードリンク

母・紘子はもちろん、旦那・良一も無念でならんのでしょう…。

 

子どもたちは皆一生懸命に運動会に参加しておりました。

そして、全日程が済み、運動会も終わりました。

 

一等賞を取った生徒には学校から、ノートと鉛筆が渡されました。

大切そうに受け取る、ユキでした。

勉強が大好きな彼女にとって素敵なプレゼントでした。

先生は、「大事に使ってね」と何やらエラい想いを込めて伝えます。

【ユキとの別れ】

それから、なぜか学校が大好きな田中ユキの姿をみなくなりました。急に学校に来なくなった大切な友人の事を案じていると、担任の先生があるときみんなに真相を話しました。

 

ユキの自宅は貧しく…、以前から奉公として働きに出るため学校を辞めなければなりませんでした。しかし、本人が運動会だけは、どうしても出たいと強く主張し最後に運動会に参加したのです。

そして…。

愛知県名古屋市に奉公として働きにでたのでした。

 

先生からの知らせを聞いた陽子はいてもたってもいれず、学校を飛び出してユキの自宅へ急いで向かいました。

 

ユキは奉公先の人に連れて行かれようとしておりました。

車の荷台に乗せられ、ふるさとを離れていくユキを見つけ必死追いかけ、ついに二人は最後の出会いを果たしました。

【朝ドラ】おひさま3話感想やまとめ

親友・ユキの事を心底大切にしている陽子の様子が非常に印象的でした。

 

運動会の徒競走で2番になったのですが、そんなことよりも次に走る彼女の事ををずっと気にかけて1番になった事を本当に喜んでたんですから。

 

さて今後の展開が楽しみですね。

最後に

【朝ドラ】おひさま3話ネタバレやあらすじに感想をお伝えしていきました。

陽子の親友のユキは運動会に参加後、長野県安曇野の地を離れようとしていました。

 

この作品、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です