朝ドラ

【朝ドラ】おひさま8話ネタバレやあらすじに感想紹介、見た事ない方必見!!見逃し配信情報も!

更新日:

スポンサードリンク

【朝ドラ】おひさま8話ネタバレやあらすじに感想紹介。

仲良し3人のヒロイン・陽子、真知子、育子は松本に映画を見に行くことになるのですが…思わぬ事に遭遇してしまいました。

3人の行方は??

この作品は、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

[btn class=”lightning big”]【朝ドラ】おひさまはFODプレミアムから見れます[/btn]

 

また、他の【朝ドラ】作品が気になるという方はこちら。

[kanren2 postid=”7977″]

 

【朝ドラ】おひさま8話ネタバレやあらすじ

「女のくせに」が口癖の英語教諭をぎゃふんと言わせてやるために、クラス皆で英語のテストを白紙で出そうと始めた計画だった…。

その日は朝からハラハラどドキドキして全然落ち着かないの。

そして、迎えた試験…。

まさかの展開が待っていた。

白紙で答案を出したのは何とこの3人だけだった。

当然、先生は怒り震盪でみなの前で私たちの答案を破り捨てた上に、バツとしてトイレ掃除をさせられた。

 

筒井育子さんは皆が裏切った事に怒り強い不信感を抱いていたんだけど、相馬真知子さんは「そんなもんよ。でも私は言った事にウソはつかないの」と楽観的なふるまいをしていたわ。

二人とも素敵でしょ。

私は、言い出しっぺの二人を信じてたからやったの。それに、母さん・紘子から言われていたの。「女のくせに」って言われたらケンカしていいって。

意気投合した私たち3人は永遠の友情を誓って、白紙同盟を結成した。

こうして、強い絆で結ばれたってわけ。

 

親友になった私たちは、何をするにも3人は行動を共にした。意外な出来事から生まれた親友たちとの時間は最高に楽しかったわ。

 

あっという間に1年が過ぎた、ある日の事、いつものように仲良くかえっていたんだけど、3人は駄菓子屋さんの前にで足が止まった。

 

周囲の様子を気にして、人が見ていない事を確認してササっとお店に入っていった。

たわいもない事に見えるでしょ。でも、この時代に学校帰りの買い物が見つかると、校長先生に呼び出されるくらい良くない事だった。

3人でこういう事をするのも凄くスリルがあって楽しかった。

駄菓子屋の女将・村上カヨは3人に水あめを差し出しながら、「うちの旦那は顔も悪いし頭も悪い。だけど、作る水あめだけは天下一品だけんね。だから、あの人の事全然好きじゃねえんだけど、ここの嫁になるって話しがでて飛びついたの。甘いものばかり食べてるから、こんな体なって。あんたたちも気を付けなよ」

と、ふくよかな体の女将さんから助言が入った。

すると、水あめ職人の旦那さんが「そら、昔からだ。と突っ込むと…」

スポンサードリンク

「ああっ!」っと威嚇して。

面白くてみんなで笑った。

まるで、恋をしてるみたいだったわ。楽しくて、楽しくて、二人の夢を見ているようでした。

【ある授業の日】

筒井育子は理想の女性について先生から質問されたの。

「育子は男性を影で支え家庭を守り目立つことを嫌いいつも微笑み辛抱強く、そんな女性に私はなりた…くありません。そんな、女性になりたいとは毛頭ございません。私の理想は自由で活発で…」

「もうけっこです!」当然、烈火のごとく先生は怒ってわ。

その日の放課後、いつものように3人でいきつけの駄菓子やさんで水あめを食べながら今後の進路について話しあった。

私は先生になる夢を話すとみな、驚いて育子は「卒業したら師範学校にいくの?」と聞いてきたんだけど、その時は具体的なプランはたってなかった。

育子は、東京に行って服飾関係の仕事に就いていずれ、渡米。結婚はアメリカ人のひとがいいわ∼って、話してた。彼女らしくてしっくりきた。

真知子さんは、許嫁の相手がすでにいるようで、学校を卒業したら、結婚すると話していた。さすが、町一番のお嬢様って感じ。

この時代は女学校を卒業したら、ほとんどの人が結婚していた。

おもむろに育子はある雑誌を取り出したの。そこには、色々な映画情報なんかが載ってて楽しかったんだけど、当時はこういう雑誌を持っているだけで不良といわれたのよ。想像もできないでしょ。

そこにのっていた、”舞踏会の手帳”という映画を見に行くことになった。

松本まで映画を女性だけで見に行くことがバレたら怒られてしまうだから、大好きなお父さんにもウソをついた。

だから、相馬真知子さんのお家に遊びに行くっていった。ヒヤヒヤして急いで待ち合わせの場所までかけていった。

 

みんな、劇場にウキウキしながはいった。

楽しみにしていた映画は期待通りロマンチックで素敵な映画だった。でも、すぐに、異変に気付いた。

 

暗闇に紛れて誰かが私の手を触ってきたの。もう、死にたいと本気で思った。

 

【朝ドラ】おひさま8話感想

女学校に入学した、陽子はひょんなことから2人の親友ができました。

どんなときも真知子さん、育子さんと一緒に行動を共にして楽しいことも辛いことも共有しているようです。

 

非常に楽しそうにしている学生生活が印象的で青春を謳歌していますね。

 

そんな二人と一緒に松本に映画を見に行くことになったのですが、まさかの展開!

痴漢?に遭遇っしてしまった陽子。

 

せっかく楽しみしていた舞踏会の手帳という映画どころではなくなった彼女の行方が気になるところです。

まとめ

【朝ドラ】おひさま8話ネタバレやあらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

育子と真知子と一緒に松本に映画を見に行くことになって、お父さんにウソをついて出かけていった陽子は映画館で痴漢?に遭遇してしまいました。

 

この作品はFODプレミアムからフル動画を視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.