朝ドラ

【朝ドラ】おひさま9話ネタバレやあらすじ、感想やおすすめ役者紹介に必見!!見逃し配信情報も!

更新日:

スポンサードリンク

【朝ドラ】おひさま9話ネタバレやあらすじに感想をお伝えしていきます。

親友育子の提案で始まった映画鑑賞でしたが、思わぬハプニングに巻き込まれた陽子は死にたいと強く感じる事に…。

そんな、彼女を癒してくれたのは身近な大切な存在でした。

 

この作品は、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

[btn class=”lightning big”]【朝ドラ】おひさまはFODプレミアムから見れます[/btn]

 

また、他の【朝ドラ】作品が気になるという方はこちら。

[kanren2 postid=”7977″]

【朝ドラ】おひさま9話ネタバレやあらすじ

育子さんの提案により松本に映画を見に行くことになった私(陽子)と真知子さん。みんな、胸躍らせ、楽しみにしてた。

 

でも、後ろめたさがあって私は当日、お父さん(良一)に「お友達の相馬真知子さんの家に遊びにいってきます」とウソをついて出かけていったの。

 

まさか、とんだ災難に遭う事になるなんて夢にも思わなかった。

映画館でみな映画に夢中だったんだけど…。

 

手元に違和感を覚えて、ふと下を見ると、私の手を触っている男の人が隣にいた。怖くて怖くて、今にも叫びたい衝動を必死に抑えながら隣の育子さんと真知子さんに助けえを求めたんだけど、映画に夢中だった。

 

私は意を決して、隣を見ると、玉ねぎ見たいな顔した見知らぬ、男性が私の手を触りながら、笑顔で視線を合わせてきた。怖くて、必死で手を振り払うとその人はす∼っと、席をたった。

 

悲しくて、死にたい気持ちになりもう、涙がとめどなく流れてきた。

すぐにでも、汚れた手を洗いたかった。

 

映画舞踏会のドレスが終わると、二人とも楽しそうに感想を語り合っていたんだけども、私はとてもそんな気分ではなかった。

もう、悔しくて悲しくて辛くて…。

お嫁にも行けないと感じた。

 

私の取り乱した様子に異変を気づいた二人はじっくりはなしを聞き、悲しみを共有してくれた。男性の汚らわしさに嫌悪感を抱きもう、お嫁にはいかないというと、育子も真知子も同調してくれた。

そんな約束もちろん、二人とも守りはしなかった。でも、一緒に悲しみに寄り添ってそこまで言ってくれたことがとにかくうれしくて救われたわ。

 

結局、その日スケジュール全部取りやめてかえって家に帰ったんだけど一人になるとやっぱり悲しくなった。

しょんぼり自宅に帰るとお父さん(良一)が「友達のおうちがどうだった?」と聞くんだけど、後ろめたくて「楽しかった」と返すが精一杯だった。

スポンサードリンク

 

すると、茂樹兄さんがタケオくんから玉ねぎもらったと見せてくれたんだけど、それが映画館での玉ねぎ男の顔がリンク「だっ嫌い!玉ねぎは死ぬまで絶対食べません」と、あの男の事を思い出して手を洗ってしまった。

 

そんな様子を見ていた父さん(良一)は「ごめんな。父さん、男だから。陽子の相談相手になってやれなくて。どうせ、お父さんに相談してもわかってもらえないって思ってるんだろ」と、謝罪してきます。

 

とにかく、生真面目で優しいお父さんの様子に私は隠し事をしていた事が申しわけなくなってしまった。

 

そして、友達の家に遊びに行ったのではなくて、友達と松本に映画を見に行った。そこで玉ネギみたいな顔した男が手を触ってきたことを話したの。

 

そしたら、本気でその男の事を怒り私をかばってくれた。そんな姿がうれしかった。そして、玉ねぎを一生食べないと突然言い出した理由を知って大笑いした。

 

茂樹兄さんは部屋で飛行機を作ってたんだけど、父さんが突然大声を出すもんだから、びっくりして、部品をパきパキおってしまって作業を辞めた。

 

そして、おもむろにある募集用紙を眺めてたんだけど…。

それは、空軍の募集記事だった。

 

まあ、そんな兄さんの思いを知る事になるのはまだ先の話しなんだけどね。

 

一通り話しを聞いていた、「父さん(良一)はウソは良くないな∼。でも

そういうの好きよ」ってお母さん(紘子)のマネをする様子が何だか意地悪さを感じた。「でも、ウソは良くないし、お仕置きはしないとな∼」

 

何となく、意地悪な言い方だったけども、私は罪悪感のあまり、「何でも聞きます、従います」って言ってしまった。

 

そしたら、おもむろに春樹兄さんからのハガキを取り出して「じゃあ、これはおあずけだな」っていうの。

 

ずっと、会いたいって思っていただけに、私の沈んだ心はいい気に上がり、父さん(良一)にハガキを見せてとせがんだ。

 

そんな様子にサッと差し出してくれた。

 

私は自分の部屋に戻り、高鳴る気持ちを胸に内容読むと、何と、次の休日にお家にかえってくるってかいてあった。しかも、寮の親友を連れ来るそうなの。

 

玉ねぎ男の一件なんてあっと言う間にどうでもよくなってた。

【朝ドラ】おひさま9話感想

映画館であった痴漢男の正体は何と、千原せいじでしたw

しかも、玉ねぎ男と言われてましたが、風貌が何とも似合ってましたね。

 

玉ねぎ男とえば、思いつくのはちびまる子ちゃんに出てくる玉ねぎボーイ長澤君ですが…。

彼は、初対面の女性の手を触るなんて痴漢行為はしないんでしょう。

 

意外な人物の登場にクスっと笑ってしまいました。

 

それにしても、さすが親友でしたね。

陽子の悲しみを自分の事のように親身になって対応している姿が何ともいい感じでした。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.