朝ドラ

【朝ドラ】おひさま10話ネタバレやあらすじ、感想紹介にまだ見てない方必見です!!見逃し配信情報も!

投稿日:

スポンサードリンク

【朝ドラ】おひさま10話ネタバレやあらすじに感想紹介。

久しぶりに、実家に帰ってくる事になったヒロイン・陽子の兄春樹は親友を連れてやってきます…。

 

この作品は、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

[btn class=”lightning big”]【朝ドラ】おひさまはFODプレミアムから見れます[/btn]

 

また、他の【朝ドラ】作品が気になるという方はこちら。

[kanren2 postid=”7977″]

【朝ドラ】おひさま話ネタバレやあらすじ

 

【朝ドラ】おひさま10話ネタバレやあらすじ

春樹兄さんが次の日曜日にかえって来ることになったんだけど、同じく寮生活をしている親友を一人連れてくる手紙に書いてあったの。

その人が、実は私の初恋の人。

 

裁縫の時間、いつものように3人で仲良く話ししていた。

私があんまり、ウキウキしているもんだから、周囲にもそれが伝わってたみた。今度の休みに大好きな春樹兄さんがかえって来ることを話したわ。

 

そしたら、育子が意地悪なこと言うの。せっかく忘れかけていた、玉ねぎ男の話しをまたしだすんだもん。

そう、思い出したくもない苦い想い出…。

3人で松本に映画を見にいったんだけど、劇場で隣にいた玉ねぎそっくりの顔した男がどさくさに紛れて、私の手を握りしめてきた。

もう、鳥肌がたったわ。

 

「あん!須藤さん、ただでさえ、アンタは裁縫が苦手なのに、おしゃべりしながらしたら…これはいったどうやって着るの?」(裁縫の先生)

裾を縫い付けてしまい、裾が通らない…。

 

もう、みんなに失笑されたわ。だけど、真知子は裁縫が上手だから、おしゃべりしていても褒められた。面白いのが育子。

 

彼女は全く別のモノを作っていたみたいで、先生から、「これはんんですか?」って聞くと、「これはジュリアンサロマン風といいまして」と、着てみせたのは洋服だった。

 

先生は激怒しながら、「私が作れと言ったのは合わせのきものだわ」と怒ってた

スポンサードリンク

 

「カッコいいな∼」と感じるんだけど、彼女にとって生きにくい時代なんだろうなと、感じてしまった。真知子さんも同様に同じような表情でみていたわ。

 

【春樹帰省当日】

私は、ソワソワしながら慌ただしく支度をした。

タケオ君のお母さんは美味しそうな煮物くをたくさん、おすそわけしてくれた。

茂樹兄さんは相変わらず、マイペースに大好きな飛行機をもってのんびりしてたから、つい、イラついてお風呂沸かしてと、頼んだ。

 

一通りの料理も完成して、やっとおもてなしの支度ができたとき、玄関の扉をガラガラとあける音がして私は急いで玄関に向かった。

 

そしたら、帰ってきたのは、お父さん(良一)でガッカリ。

でも、見計らったように春樹兄さんが「ただいま」って顔を出して私のテンションは一気に上がったわ。

 

そして、春樹兄さんの親友・川原功一もみえたんだけど、ドキッとした。

これが、私は思わず見とれて固まった。これが、初恋なのねって感じた。

 

私はどうしていいかわらなくて、その場に立ちすくんでしまった。その晩の食事は本当に楽しいよるだった。

楽しそう話す寮生活の様子や、春樹兄さんの生活ぶり。川原功一さんの今後の事予定とかいろいろ聞いたわ。

 

父さん(良一)も楽しそうで、「学生時代に戻ったみたいだなんて」嬉しそうに話すの。

すごく幸せなひとときだったわ。

でも、アッという間に時間が過ぎた。その晩、みな就寝し私も布団に入り寝ようとしたんだけど、何だか笛の音がしてきた。

 

不思議に感じて、音のする方へ行ってみたら、川原功一さんが一人で笛を吹いてたわ。

その姿、カッコ良くて見とれてしまった。

【朝ドラ】おひさま10話感想

久しぶりに帰省してきた、春樹のイキイキとした様子や共に寮生活をしている、全く対照的な性格の親友・川原功一とのやり取りも非常に素敵ですね。

青春を満喫しているようです。

 

そんな、川原功一は卒後はおじが満州で新聞記者をしており、そこで働きたいと話していました。

 

戦争真っ只中にある中で大丈夫なのか?と、身の安全を案じてしまいます。

そんな彼に一目惚れした陽子の想いはさてどうなるんでしょうか。

最後に

【朝ドラ】おひさま10話ネタバレやあらすじに感想をお伝えしていきました。

久しぶりに、自宅に帰ってきた春樹は親友の川原功一を連れてきましたが、陽子は一目惚れ。

 

この作品はFODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.