朝ドラ

【朝ドラ】おひさま25 話ネタバレやあらすじ感想に見た事ない方必見!!見逃し配信情報も!

投稿日:

スポンサードリンク

【朝ドラ】おひさま25話ネタバレ&あらすじ

私は、ず~っと教科書が新しくなるたびに書き写して、ユキちゃんに送ってあげていた。

でも、1年ほどユキちゃんから手紙が来ない時があった。それでもおくり続けたわ。

 

でも、ある時ユキちゃんから、驚きの知らせがきたの。それは、12月3日に安曇野に来るから会いたいと言ってきた。

 

私はうれしくて、うれしくて。

その日がやってくるのがたまらなく待ちどおしかった。当日、待ち合わせの、尋常小学校へ急いでいった。

1秒でも早く会いたくて必死でペダルをこいで。

息を切らせながら、待ち合わせの教室へ行ったの。

 

 

そしたら、大人になったユキちゃんがいた。もう、うれしくて、うれしくお互い抱き合って喜んだ。

 

ユキちゃんは1年前に名古屋から岐阜の店に異動になったりと忙しくなったため手紙を返すことができなかったって誤ってくれた。彼女は私の送っていた教科書でずっと必死に勉強して、暗記するほどに勉強したっていうてくれて本当に嬉しかったわ。

 

ユキちゃんは、陽子の定期的な手紙のおかげどんなにつらいときも心折れる事なくやってこれたって言ってくれたの。そして、私のおかげ読み書き、計算、英語もわかる。そのおかげで、社長さんに褒めてもらって社員として神戸に呼んでくれた。

 

そんな話しを聞いて私は教師になるって決意した。

 

そしたらね、「陽子ちゃんはもう先生なんだよ。私にずっと、教科書を写して送ってくれた。そのおかげで私はここまでこれた」ってすごくうれしくなる事を言ってくれた。

スポンサードリンク

ユキちゃんとの時間はアッという間に過ぎた。

 

 

その夜、私は父さんに先生になる決意を先生に話した。ただ、師範学校にいくと2年間の寮生活なの。

 

そうなると、お父さんが一人の生活になってしまうのを心配したんだけど、「だ丈夫だって」笑顔で答えてくれた。

 

お母さんもなりたかった先生に私もなるんだって、何だか感慨深かった。

 

そしてね、翌日、育子や真知子さんに話したら、私は意外な盲点を言われてとても動揺して、焦ったの。

【朝ドラ】おひさま25話感想

ずっと、住み込みで働いている環境でも大好きな勉強をやり続けたユキちゃんのストイックな姿勢にただただ、驚きました。

ゆきちゃんにとって陽子が先生だというたときはなるほどなって。

確かに、せっせと教科書を写して、送りってという作業ずっと、繰り返していたわけですからね。

 

さて、陽子も本気で先生になると決めたわけですけども、どうやら、意外な落とし穴が存在した様子。

 

彼女の夢は無事叶う事ができるんでしょうかね。

まとめ

【朝ドラ】25話のネタバレやあらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

尋常小学校時代に奉公のために離れ離れになったユキちゃんに久しぶりに再会した陽子は学校の先生になる事を決意しました。

ユキちゃんは陽子のおかげずっと勉強を続け教養が身についたことで神戸で社員として働けるチャンスを掴みました。

 

この作品はFODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.