朝ドラ

【朝ドラ】おひさま26 話ネタバレやあらすじ感想に見た事ない方必見!!見逃し配信情報も!

更新日:

スポンサードリンク

【朝ドラ】おひさま26話ネタバレやあらすじに感想紹介。

陽子の初恋も盛り上がってきました。さてどんな展開になるんでしょうね。もしや成就も??

この作品は、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

[btn class=”lightning big”]【朝ドラ】おひさまはFODプレミアムから見れます[/btn]

また、他の【朝ドラ】作品が気になるという方はこちら。

[kanren2 postid=”7977″]

【朝ドラ】おひさま26話ネタバレやあらすじ

ユキちゃんとの久しぶりの出会いで、私は、女学校を卒業したら師範学校に進み先生になるって決意したの。

もちろん、大賛成してくれた。

翌日に親友の真知子さん、育子に改めて教員になる事を伝えたんだけど…。

二人は、試験に裁縫の試験がある事を聞かされてはじめて知った。

裁縫だけは苦手でどうしようもないんですけど、もう引くわけにはいかない。でも、他の科目も大変…。

どうしようって、悩んだわ。

育子は東京の女子大を受験する覚悟は変わらなかった。

そしたら、真知子さんが私たちの勉強を指導してくれることになったの。それからは毎日の猛勉強がはじまった。

でもね…。

私たちよりも、真知子の方が断然優秀なのに進学しない上に受験の指導をしてくれるなんて何だかひどいことをしているようで、聞いてみたんだけど。

親友の為なら、全然平気って言ってくれて本当に感謝したのを覚えている。

そんなある日の事、春樹兄さんから手紙が届いたんだけど、そこにはとりとめのない内容だったけども‥。私の心を躍らせたのは同封されていた川原さんとの写真だったわ。

どうやら、学園際の時に撮ったものみたいだけどかっこよかった。

春樹兄さんには悪いんだけど、二つに追って川原功一さんだけ見えるようにしたの。そして、大好きな彼をずっと眺めてたんだけど、突然、茂樹兄さんが扉を開けてきて、辞典を貸して欲しいっていってきたの。

私はわてて写真を隠して平静を装って、辞典を貸したんだけど‥‥。兄さんにどうやら二つに折った写真を見られたみたい。

これが、あとで大きな事態になるなんてね。

そして迎えた、昭和14年(1939年)元旦の事。

スポンサードリンク

この年の正月は色んな意味で忘れられないものとなった。翌年から、戦地で戦っている兵隊さんたちに申し訳ないとのことで門松も禁止になるから、最期の門松となった。

家族そろっての正月も最後だった。

正月と言えばおせち料理。もちろんこれは私が作ったんだけど、これはタケオくんのお母さんと一緒につくったの。母の作ったものをみよう見まねでつくって味見をしてもらった。

そして、おばさんから安曇野のおせち料理を教えてもらったの。

両家で料理は分け合ったの。

おせちを食べてから私は、真知子さんと育子と一緒に初もうでをしたんだけど、私は一番たくさんのお願いごとをしたわ。

どうやら、気持ちを込めすぎて凄い形相になってたみたい。

この日、夜に川原功一さんが来る予定で私は大好きな人と正月から会える事に浮足立っていたんだけど、一生忘れることのできない想い出を作ることになったの…。

【朝ドラ】おひさま26話感想

春樹兄さんと一緒にうつる、初恋の川原功一さんの素敵な写真をおっているのを茂樹兄さんに見られてしまったのは、まずいですね。

とはいえ、兄弟の中ってなかなかデリカシー薄れるので毎回ノックして入るとかできなかったりしますからね。

不意打ちできた時はどうしようもない。

とはいえ、大好きな人の写真を眺めている時に部屋に入ってこられるのは間が悪いですね。

完全にばれてしまっている。

これが、どんな展開を作っていくんでしょうね。

昭和の正月の風景がなかなか素敵ですね。

皆で揃って、ご先祖様に挨拶して手作りのおせちを食べて。

凄くおいしそうですね。

おせちって、最初は良いのですが…何日も出てきて終いには飽きてしまってもういらないってなるんですよね。

専ら、今は必要な分だけを購入したりとなってそういう、シュチューエションもなくなりましたが…。

まとめ

【朝ドラ】おひさま26話ネタバレやあらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

お正月元旦の夜に川原功一さんがやってくると知らせがきた陽子はソワソワしながら浮足立ちその時を楽しみに待っていました。

 

この作品はFODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.