朝ドラ

【朝ドラ】おひさま 46話ネ タバレやあらすじ感想紹介!見た事ない方必見!!見逃し配信情報も!

投稿日:

スポンサードリンク

 【朝ドラ】おひさま46話ネタバレやあらすじに感想紹介。

ヒロイン・陽子(井上真央)目線でネタバレ記事を進めております。話し言葉や私と言うフレーズの主語は基本的に陽子です。

この作品は、FODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

[btn class=”lightning big”]【朝ドラ】おひさまはFODプレミアムから見れます[/btn]

[kanren2 postid=”9120″]

また、他の朝ドラ作品が気になるという方はこちら。

[kanren2 postid=”7977″]

【おひさま】46話ネタバレやあらすじ

真知子さんが来て一緒にこれまでの出来事をたくさんたくさんお話していたら、父さんが私たちの為に手料理を振舞ってくれることになった。

 

父さんも一通り料理ができて食事の準備が整った時、真知子さんのお父様がなぜか、またやってきたの。

 

お父様は、国から新規の事業の差し止め命令が来たことで長期投資をしてきた事業が全てパーになったと、意気消沈していた。

 

しかし、真知子さん全く、貧乏になる事に対する恐怖心がなくて「今は、国民みんながツラさに耐えるときだわ」って励ましているのよ。

4年前あれだけ高圧的な態度しかとらなかった人が、何だか弱々しくみえた。

 

”お嬢様育ちは逆境に弱い”なんていう言葉があるでしょ。でも、真知子さんに限っては全くの逆でむしろ逆境が来た時こそ、彼女の強さが凄くでて、本当に強い女性なのよ。

全く怖気ずかないというか、まるで困難を喜んで受け入れているよう。

 

結局、みんなで食卓を囲んだんだけど、安曇野の帝王はガシガシご飯を食べていたわ。

 

相馬さんのお父様と真知子さんがかえって行くときにね。父さんたら、「相馬さん、いや、帝王。一回のしくじりくらいであなたはダメになってしまう人じゃない。あなたは前みたいにもっと嫌われ暗い傲慢でないと似合わない」っていうんですよ。

 

もちろん、これは最大級の誉め言葉。安曇野の帝王に対するエールだった。

 

 

【戦争による束縛は私生活まで波及】

長引く戦争の影響は資源の日本の資源の枯渇を意味しているようだった。

勤続学校といってね。

家にある金属類はすべて回収するように国からのお達しがでたの。

 

 

これを、材料に武器を製造するんですって。

私は大切な自転車も断腸の思いで手放したんだけど…。今でも時々、あの自転車はどんなものに生まれ変わったんだろうなって、感じるのよ。

できれば、人を傷つける武器にはなってほしくなかったんだけど…。

 

 

世の中はドンドン暗くなっていってね。

既に、茂樹兄さんは既に実部隊に配属されていたんだけど、大丈夫なんだろうか。って心配したものよ。

 

何となく全体的に暗くなっていた。私も自然と落ち込んでいた。

子どもたちの家族の多くも働きの中心的な担い手たちがドンドン招集されて行ったことで、みんなドンと、貧しくなっていたわ。

 

そんな時だった。ヒロシ君のお弁当が無くなって泣き出した。

スポンサードリンク

教室中がざわついていた。

 

でもね、私はどっちも怒る事なんてできなかった。生徒たちに私は犯人捜しはしない。みんなツラい。しんどい。そんな中で一生懸命ガンバっている。それはわかっている。

 

ただ、一番つらい事は、今弁当を食べてしまってドキドキしている生徒が一番ツラい。学校はみんなが楽しいと思いながら生活する場なのに、後ろめたい気持ちで学校にワクワクドキドキしながら来れなくなってしまう事が一番ツライ。

そう、訴えたの。

 

そしたらね、クラスの中で一番正義感の強い、ケイスケくんが「自分がやってしまいました。申し訳ありませんでした」ってね。深々と頭を下げてきたのよ。

私はね、すぐに分かった。”この子じゃない”っていう事が。でもね、深くは追及しなかった。

 

戦争というものが大切な生徒たちをここまで苦しめてしまっている事に内心強い憤りを感じて、もう一刻も早く終わって欲しいって心から感じたわ。

 

仕事の帰り道、けいこちゃんが一人で自宅の前でたって私に自首してきた。

 

けいこちゃんの家は、父親が招集されたんだけど、残されたお母さんが体が弱くて食べるものに困ったんでしょうね。

私はけいこちゃんを抱きしめながら、「よく頑張ったね。えらいね」って抱きしめた。

 

 

それから10年後、けいこちゃんとケイスケくんは結ばれるんだけど私が出席した結婚式の中で最も感動したのが二人の祝いの席だったわね。

 

 

このとき、私の知らないところで悲しい別れが起きていたの。

名古屋帝国大学の春樹兄さんのもとに、突然茂樹兄さんがやってきた。

 

【朝ドラ】おひさま46話感想

戦争というのは、戦地にいる兵隊だけではなくて、あらゆる人達まで大変な苦悩を強いるのだと強く感じました。

 

今回は、見ていてイタい。本当にツラい。

純粋で素直な子どもたちまで、戦争の余波によって食物がままならない状況で起こした、他人の弁当を取って食べるという行為でした。

 

陽子先生の通り、本当に誰も怒れないですよね…。

 

この状況ではね。

きっと、相当な空腹感があったのでしょう。ただでさえ、女性は男性から差別されている風潮のある誤字施に女の子が男の子の弁当を食べてしまったという行為ですから。

多分、男以上に罪悪感は強いのではないかと…。

 

それだけ、精神的に追い込まれてしまうという事なんでしょう。

それだけにツラい。

 

ただ、けいこちゃんをかばったケイスケくんがどうやら彼女と10年後結ばれるようで、ハッピーエンドでよかった。

 

 

【朝ドラ】おひさま46話まとめ

【朝ドラ】おひさま46話のネタバレやあらすじに感想紹介、そしてフル動画視聴法をお伝えしていきました。

けいこちゃんが空腹の末、男子生徒の弁当を隠れて食べてしまいました。それをケイスケくんは現場を見ていたのですが、「自分がやった」とかばってあげました。

長引く戦争の中で、自宅にある貴金属が、国に回収されました。

 

この作品はFODプレミアムからフル動画で視聴することができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.